赤ちゃんの行事いろいろ

赤ちゃんがすくすくと成長している姿を見ているだけで、 喜ばしいことです。

昔から受け継がれている行事があります。

健やかな成長を願う意味のある赤ちゃんの大切な行事が、 1歳を迎えるまでたくさんのお祝い事があります。

赤ちゃんにとって一生一度とない機会です。

生まれてから1歳の誕生日を迎えるまで、どんな行事が あるのかまとめてみました。

[お七夜]
赤ちゃんの誕生から7日目の夜に、親族に名前の披露して 無病息災を願う行事です。 昔は衛生・栄養面で良くなかったために、赤ちゃんが 7日目を迎えられずなく亡くなることが多かったため 無事成長を確かめるための大切な節目でした。

命名書を飾り、お赤飯や尾頭付きの鯛でお祝いをします。

両家の家族や親族を招いて食事をすることが多いようです。

[お宮参り]
お宮参りは赤ちゃんが誕生してから1ヶ月の頃に 地元の氏神様に誕生を報告して、無病息災を祈願する お祝いです。

正式には、男の子生後31日目、女の子生後32日目と 言われていますが、現在では、細かい日数などにこだわらず ママの体調などを考慮して行われている場合がほとんどです。

参列者は紋服を着て、パパ側のおばあちゃんが赤ちゃんを抱っこして 参拝するようになっていますが、衣装や参列者にこだわらずに 各家庭の都合などの方法で行っている人が多くなってきています。

生まれてすぐの行事でも意外に知らないものばかり、、

よくよく勉強しようと思います。

後、こちらとして迷うのが出産祝いですね。

こういうものがママたちは出産祝いにもらって嬉しかったと感じているみたいですよ^^